09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

スポンサーサイト

--/--/-- -- --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
スポンサー広告

やっと…。

2014/05/25 Sun 11:23









やっとやっと念願だった「相/棒/Ⅲ」を観てきました。

なんとタイムリー(ストーリー)な、
なんとタイムリー(一瞬フィクションなのかと錯覚してしまう程のタイミングな報道)な出来事…。

全てがありそうでありそうで…。
(滝汗)




以下、ネタバレ含みます。
興味のない方はスルー願います。
vv
















今回早めに見に行きたかったのですが、
中々時間が作れず…。

そしてTV放送で「序章」が放映された(録画できず…)ので、
ローカル放送で放送された後の映画、となったのですが。



映像も、音楽も、いつものおなじみキャストの皆様も素晴らしかったです。


でもね。
何だか何だか…消化不良。
もうね、絶賛消化不良。
(ヘンな言い回しですが、これしか思い浮かばない)
あと、最近の右京さんって以前と感じ関わった感満載です…。
(悲しい)
だって右京さんが他人に嵌められて(指図されて)動くなんて…。
右京さんじゃないわぁ…。
ヽ(;´Д`)ノヤメテー




「国/防」
をテーマにすることは今の時事ネタとしてはタイムリーだし、
確かにTVではやり辛いテーマであることは否めないし、
敢えてそのテーマに食らいついた心意気(??)は評価したいと思います。

確かに「今」このテーマについて国民一人一人が本気で考えねばならない。
…よく分かっています。(少なくても個人的には)

しかし…何だろうこの消化不良感。
ありそうでなさそうで。
しかも「自/衛/隊」を「悪」と描く手法。

確かに色々な考え方があっていいのですが、
それだけではないだろう??
という疑問符がついて回った映画でした。


敢えて陸の孤島、ジャングル、そんなものはいらないし、
(ジャングルにスーツ姿ってヘン!)
愛国心と信念に基づいた上で事故死を装わなければならないのであれば、
慕う部下や愛馬を巻き込むべきではないのでは??
ただの自己中心的な衝動にしか思えない…し。

スパイや逆スパイ。
利用し利用されるかの騙し合など、
もっと有効に使う手立てはあったのではないかとも思います。
(小野田さんなら上手く使いそう…。)

最後に神室との拘置所での面会。

「国防は行り病」
「友達はいざという時、本当に助けてくれるのか?」


(平和ボケしている一般人(我々)に対しての)
問題提起としては悪くないと思いますが、
捕まったから「悪」で、右京さん側の持論が「正義」なのか??

いや、違うと感じてしまいました。
このシーン描きたさに大風呂敷を広げた感が否めない…感じでした。



個人的には捜一トリオや神戸くん登場で、
楽しめましたし、
ジャングルでも朝にはお気に入りのティーカップ&ソーサーで紅茶を楽しむ右京さんが良かったです♪
(笑)



総合的には前作の「X-day」の方が面白かったです。
今回は消化不良でした。


こんな感じになっても結局「映画化」されたら観に行ってしまう悲しいファン心理です…。
(苦笑)










ドラマ | コメント(0)
コメント

管理者のみに表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。